学費 貯金

社会的
darkmoon1968 / Pixabay

子供が生まれる~!となると、ウキウキしつつもいろんな面で準備が必要になってきます。

小さいころはホント、子供ってお金がかかりませんが小学校後半~徐々にお金に羽が付いてどこぞへと飛んで行ってしまいます・・・

いろんな習い事が盛んになってきたり、中学以降は部活動や塾に通ったりと、行動範囲が広がるとともにお金の行動範囲も格段にアップします。

だから、小さい頃が学費の貯め時 ってよく耳にする話ではないですか?

そんな学費って、一般に貯める方法としては学資保険などを活用するケースが多いかもしれません。

でも、私もそうですが学資保険は入る気がしませんでしたので、実際にかけませんでした。

というのも、学資保険って18歳時点で、今まで払い込んできた保険料<満期で受け取れる金額

という図式が当たり前はずなのに、昨今の低金利によって払ったものすら満期時には受け取れないという元本割れの状況に陥ってしまっている現状です。

学資保険って、積み立てることを目的としているのに、払ったものすら満額で受け取れないなんて、こんなバカげたことはありません!

だったら、保険で学費を積み立てるっていう発想はやっぱり難しいですよ、この低金利の時代には。

では、どうやって学費を貯金していくか?というと、単に銀行の定期預金やら郵便局の定額貯金などでも雀の涙の金利しかつかない・・・

ということで、生まれたころからそういった将来に絶対必要となる学費を効率的にたまる仕組みって、時間が解決してくれる方法があるんですよ。

もちろん、私もそれで実践しています。

というのも、税制的にもかなり信じられないぐらい優遇されている仕組みですので、これは皆さん使える資金をためる方法ですから活用しない手はないと思います。

難しいことはまったくありません!

具体的方法は、こちらで詳しく解説してありますのですぐにでもあなたも取り組めますよ。

それによって、学費の積み立てや準備のわずらわしさや心配から解放されるので、ぜひトライしてみてくださいね。

 

▶▶▶ 一生お金に困らない!マイホームも学費も後の安心も手に入れるセミナーDVD

コメント

タイトルとURLをコピーしました